Webビューヒートマップ

Note:スマホサイトなどデバイスを切り替えてWebビューを確認したい場合は、Ptengine拡張機能のご利用がお勧めです。

利用用途 #

Webビューとは、ヒートマップをWebコンテンツとして閲覧できる機能です。
シェアURLを発行し、組織・チーム内で分析結果を共有したり、スマートフォンから閲覧することで、ユーザーの目線を実感しながらヒートマップを確認したりすることができます。

現在、Webビューでは、ヒートマップの比較ページ保存はご利用いただけませんが、それ以外はPtengine管理画面内のヒートマップと同様の機能をご利用いただけます。(※比較や保存機能は今後実装予定)

特に下記の場合にWebビューをご利用いただくことをお勧めしています。
・Ptengine管理画面内でヒートマップを確認できない場合
例:
・ログインが必要なページのログイン後のページ
・フォームの途中など、ユーザーと双方向性のあるコミュニケーションを行うページ

基本動作 #

ヒートマップリストページの入り口、またはヒートマップページのツールバーから「ウェブビュー」をクリックします。すると、新しいタブでURLにPtengineのパラメータがついたページが立ち上がり、計測コードが正常に設置できているページであれば、Webビューが確認できます。

Webビューでは、クリックヒートマップ、アテンションヒートマップ、ページ分析のいずれもご利用いただけます。

Webビュー画面の解説 #

以下では、Webビューの機能について紹介詳しく説明します。

  • 1ヒートマップの基本データ
    当該ページのクリック数、PV数、訪問数が確認できます。また、数値詳細をクリックすると、平均ページ滞在時間、新規率、入口数、離脱率、直帰率、平均ロード時間が確認でき、CSVでダウンロードすることも可能です。
  • 2日付、デバイス、ヒートマップタイプの切り替え
    期間やデバイス、そしてヒートマップタイプを変更することができます。
  • 3隠し要素や非インタラクティブ要素、色の調整バー
    表示ボタンから隠し要素や、非インタラクティブ要素を選択することができます。また色の調整バーではヒートマップ色の濃淡を調整できるようになっています。
  • 4セグメント
    セグメントでは、7つの種類・29個の項目からセグメント条件を選択できます。条件を掛け合わせることでより深い分析が可能です。サイト内でCVしたユーザーや、新規or再訪の訪問種類を絞って分析することができます。
  • 5その他
    左から、「更新」「画面操作モード」「シェアヒートマップ」「ヘルプ」となります。
    更新:ヒートマップがうまく描写されない場合、更新ボタンより更新を行ってください。
    画面操作モード:画面を操作できるようになります。例えば、アコーディオンメニューなど、クリックしないと表示されない隠し要素を分析したい場合はこちらをご利用ください。
    シェア:シェアヒートマップのURLを発行できます。
  • 6ツールバーを隠す
    ツールバーが、確認したいページ要素と被っている場合にご利用ください。再度アイコンを表示すれば、際表示されます。

この記事についてどう思いますか?

  • いいですね!
  • よくないです

評価いただきありがとうございました

  申しわけありません!理由を教えてください。

    サポートチームに直接問合せたい場合、こちらをクリックしてチャットしましょう