リダイレクトテスト

リダイレクトテストとは、A/Bテストの一種で、Webマーケティング施策の効果を判断するために用いられるテストです。ページの要素の一部を切り替えた「パターン検証」をする際にはA/Bテストなどが用いらレますが、リダイレクトテストは、より自由度高く、全面的なクリエイティブテストをしたい場合や、過去に制作したページを活用して現在のページと比較検証したい方におすすめです。

Warning:
リダイレクトさせるページで、基本タグが<head>に直貼りの必要がありますので、予めタグ設置がされているかご確認ください。
また本機能は、2021年12月に公開したPtengine Experience 2.0バージョンでの提供となりますので、バージョンアップ前のお客様は別途お問い合わせください。

リダイレクトテストはどのような方におすすめか #

・ページの一部だけを変更するのではなく、大幅に変更し別のページとしてオリジナルページと比較検証したい方
・過去に制作したページを活用して、現在のページと比較検証したい方

具体的にどのように設定するか #

  • 1比較検証したいページURLを用意し、リダイレクトテストの体験を作成します
    「+体験を新規作成」>>「リダイレクトテスト」を選択し、次のステップで体験名を指定します。
  • 2リダイレクトテストの詳細を設定します
    1.「オリジナル」にリダイレクト元のページを指定します。
    2.その次にパターン1でリダイレクト先のページURLを指定します。
    リダイレクトする際、パラメーターは引き継がれます。具体的な引き継ぐルールは以下です。

    1、b.comページにパラメーターがない場合、完全にa.comのパラメーターを引き継ぎます。
    例: リダイレクトページ:a.com;リダイレクト先ページ: b.com
    結果:a.com?utm_source=xxx → b.com?utm_source=xxx

    2、b.comページにパラメーターがあり、パラメーターが違うだと合併されます。
    例:リダイレクトページ:a.com;リダイレクト先ページ: b.com?utm_medium=yyy
    結果:a.com?utm_source=xxx → b.com?utm_medium=yyy&utm_source=xxx

    3、b.comページにパラメーターがあり、且つパラメーターが同一の場合、a.comのパラメーターが上書きされます。
    例:リダイレクトページ:a.com;リダイレクト先ページ: b.com?utm_source=yyy
    結果:a.com?utm_source=xxx → b.com?utm_source=yyy

  • 3テスト対象ページ条件を補足します
    最低でもパターン1にてURLを指定いただければ、リダイレクトテストが実行されますが、当該URLに関する条件を補足することも可能です。

    利用事例1:
    例えば、「元のページ」に「utm_source=facebook」を「含む」と設定すると、「https://www.ptengine.jp/」のパラメーラーに「utm_source=facebook」が入っているページでリダイレクトテストが行われます。
    リダイレクトテストが行われるURL:「https://www.ptengine.jp/?xxx=yyy&utm_source=facebook&xxxx=yyy」

    利用事例2:
    例えば、「元のページ」に「utm_medium=cpc」は「含まない」と設定すると、「https://www.ptengine.jp/」のパラメーラーに「utm_medium=cpc」が入っているページはリダイレクトテストから除外されます。

  • 4体験の配信条件を設定します
    「保存」を押し、体験の配信条件設定画面へ進みます。
    他の体験設定と同様に、「対象ユーザー」、「ゴール」、「スケジュール」などを指定してください。最後にチェックし、問題なければ体験を配信してください。

この記事についてどう思いますか?

  • いいですね!
  • よくないです

評価いただきありがとうございました

  申しわけありません!理由を教えてください。

    サポートチームに直接問合せたい場合、こちらをクリックしてチャットしましょう